FC2ブログ

2ちゃんねる(2ch)で見つけた面白い話、笑える話、感動する話、泣ける話、怖い話や面白動画や面白画像などを紹介していきます

2ちゃんねるコピペ 最新記事
携帯で2ちゃんねるコピペを見る

厳選おすすめサイト

インフォメーション

TOP絵大募集
TOP絵クリックでランダム表示

2ikkei.net
TOP絵を2ikkei.net様より提供して頂きました!

ドラクエそーりょ
TOP絵をドラクエそーりょのしいたけ様に描いて頂きました!

ICBM-LABO
当サイトのTOP絵をICBM-LABOのICBM様に描いて頂きました!


管理人の一言

祝300万アクセス達成!!
3月からまた更新します!




記事紹介感謝

News人 様
情報屋さん。 様
TBN 様
はぅわ! 様
日本視覚文化研究会 様
ニューディスカバリー 様
ニュー得ブログ 様

カテゴリ

お勧め写真集



月別アーカイブ

売れ筋

QRコード

QR

テスト中


忍者カウンターに移行するかも。






フィードメーター - 2ちゃんねる コピペ

H e a d L i n e

 



スポンサーサイトこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





【最新注目記事】

私は父に罵声しかあびせなかったこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/29 14:29|感動する話コメント:24
これ、反抗期の時の話しなんだけど、今でも忘れられない。

幼い頃からずっと片親で育ってきた私は、父親と二人暮らしをしてた。
友達や親戚から見ても、誰から見ても、私を大事に宝物の様に可愛がってくれて、一生懸命働いてくれてた。私の願い事は無理してでも、自分を犠牲にしてでも叶えてくれた。
風邪の時には仕事さぼってでも側に居てくれてた。寂しい思いはさせなかったと思う。
二人きりだけどクリスマスや誕生日も毎年してくれた。

けど、十代半ば、反抗期のせいで、父の優しさが凄くうざくなってきたんだ。
心配される事とか、口聞く事も、すべてがうっとおしくなったんだ。
私は毎晩、夜遅く帰って来て父が心配してくれても私は父に罵声しかあびせなかった。
友達と遊ぶ事が楽しくて、だんだん家にも帰らなくなった。

そんな毎日を繰り返しまた夜、久しぶりに帰ったら私の分のおかずとか、小さなケーキがおいてあったんだ。
もう誕生日も二~三日すぎてたのに、おいてあって、毎日ご飯作っていつ帰って来るのか分からない私をずっと待っていてくれてたんだとおもったら、切なくて悲しくて申し訳なくて涙が溢れてきた。
そして無造作に置かれてた小銭入れ、ボロボロな汚い小銭入れ、私が幼稚園の頃に父の日にあげたやつ。
まだ使ってたんだ。
父は、ほんとに私を誰よりも何よりも大切な宝モノなんだって事が胸につきささって、父に優しくしてあげられなかった事に、また泣いた。

また後から知った事だけど、私が小さい頃に書いた父の日のカードも、肌身離さず持っていました。
あの一件以来、私はちゃんと帰るようにはなりました。そんなこんなで今私は結婚もして、もうすぐで子供も産まれます。私は父がくれたあの愛情を、これから産まれてくる子供にたっぷりそそぎます。

そんな私をこれからも空から見守っててください。
お父さん、こんな私を育ててくれてありがとう。私はとっても幸せです。
大好きだったよ。


【関連エントリー】
- ずっと私達は父の連れ子だと思ってた
- 年老いた親を子どもが背負って山に捨てる
- パパは、1時間にいくらお金をかせぐの?
- 美人で気丈なママが私の膝の上で泣いた。
- リア充でしかも女かよ氏ね
スポンサーサイト
[PR]

[PR]





【最新注目記事】

今までで強烈に感動したCMこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/28 03:45|感動する話コメント:3
今までで強烈に感動したCMドラマ。
アメリカで見たし、何のCMかも忘れたし、一度きりだし、台詞もうろ覚え。
でも覚えてる。

舞台はアメリカの老人ホーム。
寂しい老人達が、届いた花束を持った看護婦さんに、期待して集まってくる。
カードが読まれて、花束が誰宛か判明して、その人だけが喜ぶ。
後はがっかりして部屋に戻る。

ある時、大きな花束が届いて、また老人達が集まってくる。
今度は誰宛だろう?と看護婦さんが、早くカードを読むようにせかされる。
彼女がそれを読む。
カードには、「大切なあなたにこの花束を贈ります」とか書いてある。
期待する老人達の輝く顔。
そして最後の宛名を見て……、看護婦さんは涙目に。
それは、ここの老人達全員からの、看護婦さんへの花束だった……。
老人達大喝采!

自分の中で、これを抜くドラマCM未だなし。


【関連エントリー】
- 【実話】地裁が泣いた -認知症母殺害事件初公判-
- 集団に向かって一人の女子高生の少女が…。
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- 「おやじ、今日俺退職するんだ。」




【最新注目記事】

ずっと私達は父の連れ子だと思ってたこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/26 22:00|感動する話コメント:16
父は私と妹が小4の頃(双子です)今の母と再婚。
実母は赤ん坊の頃に他界したと聞かされてた。
ずっと私達は父の連れ子だと思ってたんだけど、
22才の時パスポートとる時に父とは血が繋がってないと分かった。
父本人には聞けず、父の母(私達の祖母、これも小さい頃から可愛がって
くれてて血が繋がってないなんて考えた事もなかった)に問い質した所、
実母は未婚で私達を妊娠中に父と知り合い、父は周囲の反対を押し切り結婚。
私達は父の養子に。しかし一年程で実母は他の男と駈け落ち。
父には血の繋がらない双子の乳児が残された。
周りは当然、私達は実母の身内に引き取らせるか、施設に入れるものと考えてたが、
父は自分が育てると言いだし周囲を仰天させる。
父の親兄弟、親戚、友人総出で説得するも父の決意は固く、
「この子らは産まれる前に父親に捨てられ、産まれてからは母親に捨てられた。
この上俺まで捨てたらこの子らは三度も親に捨てられる事になる。」
「何より俺はこの子らが可愛くて仕方ないんや。離れるのは俺が堪えられん。」
とぼろぼろ泣いて、最後は周りも折れざるを得なくなったそうです。

再婚してから三年で弟がうまれましたが、父は全く別け隔てなんて
そぶりも見せませんでした。考えてみれば弟とも血が繋がってないんだよなぁ。
(継)母もすごく大好きです。思えば難しい年頃だった私達を
押し付けがましくなく、それでも愛情たっぷりに育ててくれた。
何があっても私達の両親はこの二人だと胸を張って言えます。

だらだら書いてたらすごい長くなっちゃった(´・ω・`)
自分語りすいません。


【関連エントリー】
- 娘が6歳で死んだ。
- 産んでくれなんて頼んだ覚えは無いよ!
- 妹想いの優しい兄
- 付き合って3年の彼女に唐突に振られた。
- ばぁちゃん、死に目に会えなくてゴメンネ




【最新注目記事】

パパは、1時間にいくらお金をかせぐの?このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/26 16:00|感動する話コメント:18
ヘタレプログラマーは今日も仕事で疲れきって、遅くなって家に帰ってきた。
すると、彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。彼は驚いて言った。
「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」
「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」
「なんだ?」
「パパは、1時間にいくらお金をかせぐの?」
「お前には関係ないことだ」ヘタレプログラマーである父親はイライラして言った。
「なんだって、そんなこと聞くんだ?」
「どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?」女の子は嘆願した。
「あまり給料は良くないさ・・・20ドルくらいだな。ただし残業代はタダだ」
「わあ」女の子は言った。「ねえ。パパ。私に10ドル貸してくれない?」
「なんだって!」疲れていた父親は激昂した。
「お前が何不自由なく暮らせるためにオレは働いているんだ。それが金が欲しいだなんて。だめだ!早く部屋に行って寝なさい!」
女の子は黙って自分の部屋に行った。
しばらくして、父親は後悔し始めた。少し厳しく叱りすぎたかもしれない・・・。
たぶん、娘はどうしても買わなくちゃならないものがあったのだろう。
それに、今まで娘はそんなに何かをねだるってことはしない方だった・・・ 。
男は娘の部屋に行くと、そっとドアを開けた。
「もう寝ちゃったかい?」彼は小さな声で言った。
「ううん。パパ」女の子の声がした。少し泣いているようだ。
「今日は長いこと働いていたし、ちょっとイライラしてたんだ・・・ほら。お前の10ドルだよ」
女の子はベットから起きあがって、顔を輝かせた。「ありがとう。パパ!」
そして、小さな手を枕の下に入れると、数枚の硬貨を取り出した。
父親はちょっとびっくりして言った。「おいおい。もういくらか持ってるじゃないか」
「だって足りなかったんだもん。でももう足りたよ」女の子は答えた。
そして、10ドル札と硬貨を父親に差しのべて・・・

「パパ。私,20ドル持ってるの。これでパパの1時間を買えるよね?」



【関連エントリー】
- 幼女が千円札数枚と小銭いっぱいを握りしめて…。
- 親子連れが大声でしりとりし始めたんです
- 嫁の日記をこっそり盗み読みしたんです。
- 貴方の命で母を救えるとしたら、どうしますか?
- 私がいるのにどうして風俗行くの?




【最新注目記事】

子宮が無くてごめんなさい。ごめんなさい、許してね。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/15 07:00|感動する話コメント:11
私の婦人科系の出費がかさんでいて、我が家はあまり裕福じゃない。
だから息子には申し訳ないんだけれど、おもちゃなんかはお誕生日とクリスマスの年二回しか買ってあげてないんだ。
息子が6歳の誕生日に「欲しいものは?何でも買ってあげるよ。」って夫婦できいたとき、息子が言ったのは「妹か弟が欲しい」だった。

「ボクはこの先一生おもちゃ買って貰えんでええけん、弟妹が欲しい。」

ごめんね。
あなたに弟妹をあげられないお母さんでごめんね。
子宮が無くてごめんなさい。ごめんなさい、許してね。
頭が真っ白になってしまって、親の癖に取り乱して息子に縋り付いて泣いて謝ってしまったんだよね、私。

息子はビックリして「お母さんを泣かせてごめんなさい。」って泣きだした。
親としてなってないよね、私。息子を傷つけたよね。本当にバカだった。
この前の、子供の日。夫の親・兄弟・親戚、一同が集まった席でいつものように始まった大合唱。

「一人っ子はかわいそう」「ロクな大人にならん」
「今からでも第二子は遅くない」「今の医療なら、なんとかなるやろ?」

困った顔をして薄笑いを浮かべてテキトーに生返事をしてやり過ごすしか私達夫婦には方法がありませんでした。
うっかり事情が知れたら、もっと傷つけられる。ああ、仕方無いが、我慢しよう、嵐が過ぎるまで・・・そう思ってた。
▽続きを読む▽




【最新注目記事】

リア充でしかも女かよ氏ねこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/13 17:21|感動する話コメント:7
459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(樺太)[] 投稿日:2008/09/12(金) 03:56:17.12 ID:a4x7QrXNO
うぉぉぉ…彼氏が隣で寝てるのに鼻水ズルズルいわせながら追いついた…

朝起きたら、おはようって言って、ギュッてして、んで、大好きだよって言おう。


462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 04:01:37.09 ID:gz0gqIUSO
>>459
リア充でしかも女かよ氏ね

今、隣で寝てる彼氏と仲のいい夫婦になって子ども作って
このスレに出てくるような立派で優しいかーちゃんになって
子どもの成長、孫の成長を見届けてから大切な家族に看取られて
天寿を全うしてから氏ね それまでしっかり親孝行もしとけ


465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(樺太)[sage] 投稿日:2008/09/12(金) 04:09:50.87 ID:a4x7QrXNO
>>462
実は、今までちょっと色々あって水商売してた。
昔は風俗とかしてて、凄いプライドとか全然なくって、お金お金でなるようになれって思ってた。んで、彼氏に出会ったんさ。
それから水商売も辞めて、昼の仕事(映画館)が今日決まったのね。
そしたら彼氏がものっすごい喜んでんの。
もう、引くくらい。

だから、私は>>462のレスで一番泣いた。
これから全うな人生歩んで、隣のアイツと、その子供と、きっと立派な家族にしてみせる。

>>462、ありがとう。

どうでもいい事でスマン。


【関連エントリー】
- 不細工な彼氏がいるんだけど、バイト先でイケメンに告白された…
- 男性から好意もたれた事なんて皆無の私には無理
- 二十歳で超ギャルでケバくて超美人だけどツンとしてて…。
- 辞書忘れたから女子のを共同で使わせてもらった
- お前がいじめられてたら助けてやる




【最新注目記事】

いっそ本気で死んじまおうかな。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/12 16:00|感動する話コメント:15
56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:10:24.60 ID:Jg+AcEeL0
生きててもさ、無駄なんだよ、俺。
きっと何しても上手くいかないんだよ。
ただダラダラと生きててさ。
いっそ本気で死んじまおうかな。

58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:12:48.05 ID:peSyhKq70

死んでもいいけど。とりあえず、自分のレスを縦読みだな。
自分の心の声に気付いてやれよ。


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:14:34.40 ID:Jg+AcEeL0

…もっかいバイト探して見る。
ありがと。


【関連エントリー】
- 貴方の命で母を救えるとしたら、どうしますか?
- 不細工な彼氏がいるんだけど、バイト先でイケメンに告白された…
- 成人式の為に買ってもらったスーツを着て…。
- レースクイーンの画像ください [キラ速-KIRA☆SOKU-]
- ソープ嬢の自殺が増加してるらしい [ソースあんならすぐ出せ]




【最新注目記事】

産んでくれなんて頼んだ覚えは無いよ!このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/11 23:00|感動する話コメント:3
私が中学生くらいの頃、ちょうど反抗期真っ最中だった。

私は母と些細な事で喧嘩になり、母から「そんな子に育てた覚えはない!」と言われました。
売り言葉に買い言葉で「産んでくれなんて頼んだ覚えは無いよ!」とつい言ってしまいました。
お前なんて産まなきゃよかったくらいの言葉が返ってくるかと思ったのに、
母は私のその言葉を聞いてから黙ってしまい、返事をする事はありませんでした。

それから月日は経ち、私が大学入学する時に戸籍抄本を大学に提出しなくてはいけなかったので、役所に取りに行きました。

その戸籍には「養女」の文字が・・・

私は父と母の本当の娘ではなかったのです。
そんなこととは全く知らずに、あの日言ってしまったあの言葉。
悔やんでも悔やみきれませんでした。
養女だと知ったとき、私は全くショックは受けませんでした。
むしろお父さん、お母さんの子として育った私って、なんて幸せなんだろうと胸がいっぱいになったのを良く覚えています。

おかあさん、あの日はごめんなさい。
私を本当の子以上に大切に育ててくれた事、感謝しています。
私も自分の子供たちに、母が私に注いでくれたような愛情で育てたいと思います。


【関連エントリー】
- ありがとう、お父さん。
- お母さん。お母さん。お母さん。
- 妹想いの優しい兄
- 【毒女】さみしい時に書き込むスレ [お風呂は39度で。]
- 幼馴染み「いいから黙って手つなぎなさいよ」 [バレ速]




【最新注目記事】

社内でとんでもないトラブルが発生した。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/10 16:00|感動する話コメント:6
入社4年目で初めての結婚記念日の日。社内でとんでもないトラブルが発生した。
下手したら全員会社に泊まりになるかも知れないという修羅場なのに
結婚記念日なので帰らしてくださいとは絶対に言えなかった・・・。

18時を回った頃、T課長が俺を呼びつけ、封筒を渡して
「これをK物産に届けろ」 と言う。
K物産は、隣の県にある得意先で、今から車で出ても8時までに着けるかどうかすら分からない。
「届けたら直帰していいから」と言うが、直帰も何もK物産に届けて家まで帰ったら、きっと11時は過ぎるだろう。

文句を言いたかったが
「わかりました」
と言って封筒を預かった。中身を見ようとすると

「中身は車の中で見ろ。さっさと行け!」
とつれないT課長。不満たらたらの声で
「行ってきます」
というと、課内の同情の目に送られて駐車場へ向かった。

車に乗り込み、封筒を開けると、一枚の紙切れが。
「結婚記念日おめでとう。今日はこのまま帰りなさい」
と書かれていた。会社に入って初めて俺は泣いた・・・。

その翌年、T課長は実家の家業を継ぐために退社した。
送別会の席でお礼を言ったら「そんなことあったか?」
と空とぼけていた。T課長、お元気でおられるだろうか。


【関連エントリー】
- 嫁の日記をこっそり盗み読みしたんです。
- 貴方の命で母を救えるとしたら、どうしますか?
- 忘れてた、今日は漏れの誕生日だった…。
- お金の為にやった旦那・彼氏に言えない事 [ニコニコVIP2ch]
- 【鯛男】いい告白の仕方を考えるスレ [お風呂は39度で。]




【最新注目記事】

貴方の命で母を救えるとしたら、どうしますか?このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/09 17:00|感動する話コメント:3
906 :Mr.名無しさん :04/09/21 16:06:37

 もし、貴方の命で死の床に伏した母を救えるとしたら、どうしますか?

 と聞いてきた友達がいたんだがどうだろうか?
 自分の命を捧げてまで母を助けられるのだろうか?

908 :Mr.名無しさん :04/09/21 16:20:53
 >>906
 たった今リアルにカーチャンに聞いたところ
 「どの世界に子供の命を引き換えに長生きしたいなんて母親がいる?」
 と真正面から顔を見てハッキリ言われた。
 鳥肌が立った。


【関連エントリー】
- 成人式の為に買ってもらったスーツを着て…。
- 思い出したように「野球、ごめんね」と言った。
- 大東亜戦争に出陣するに際して
- ソープ嬢の自殺が増加してるらしい [ソースあんならすぐ出せ]
- 引きこもっていても美少女なんか助けに来ない [ソースあんならすぐ出せ]




【最新注目記事】

大通りで信じられない出来事このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/09 11:00|感動する話コメント:3
今日、近所の交差点で車に乗って信号待ちをしていると、前方の右折車線でジリジリ前進している車がいた。
明らかに信号が青になった瞬間に曲がっちまおう、っていうのが見え見え。
この道路は主要幹線(って言っても所詮田舎のだが)で交通量も多い。確かにこのチャンスを逃したら、右折信号が出るまでの数分は足止めを食らうだろう。

仕事がうまくいかずイライラしていた俺は
「ほんの数分も待てねーのかよ。やらせっかよ、このDQNが!」
と毒づきながら、信号が変わる瞬間を待っていた。
当然譲る気は無い。昼飯前の空腹感と暑さが俺をさらに苛立たせていた。

すると、いきなり、俺の左の車線の車から中年の男性が降りてきた。
自分の車を放っておいて。その車には誰も乗っていない。
もうすぐ信号が変わる大通りで信じられない出来事。
そのおっさんは、俺の車の前に背を向けて立ち、『止まっとけ』のサインを出しつつ、右折しようとした車に『早く行け』と手を振った。

右折車が猛スピードで右折していく。しかし、俺の目にははっきりと見えた。
苦しそうな顔の女性が。助手席の窓にまで達した大きな腹。明らかに妊婦。

俺は、咄嗟に助手席の窓を全開にし、小走りで車に戻ろうとしていたおっちゃんに叫んだ。
「ありがとう! 全然気づかなかったよ!」
おっちゃんは、ちょっとびっくりしたような顔をすると、
「仕事が交通整理なんでな!」
と、笑いながら言い返してきた。
その顔の誇らしげなこと。とても眩しく見えた。

後続車のクラクションの嵐の中、俺たちは慌てて発進した。
ハザードを2回焚く。多分、隣の車も。
結果的に俺は何も出来なかった訳だが、あそこで「ありがとう」と言えた自分に感謝したい。
素直な感謝の気持ちをそのまま言葉にする。
自分が本当に思っていることを口にして言うだけなのに、それが恥ずかしくて出来なかった、愚かな俺。
いままで、本当に言いたいことも言えず、へらへら生きてきただけの自分を後悔する毎日だったから。
それがちゃんと出来ることを教えてくれたおっさん、本当にありがとう。
そして、あのときの妊婦さんが、元気な子供を生んでくれることを、心からお祈りします。


【関連エントリー】
- 子供んときに近所の子にプロポーズしたんだけど。
- 「危ねーだろがババア!」と怒鳴ってた。
- 親子連れが大声でしりとりし始めたんです
- 忘れてた、今日は漏れの誕生日だった…。
- 足コキの良さがわからない [めでたしめでたし]





【最新注目記事】

集団に向かって一人の女子高生の少女が…。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/08 03:21|感動する話コメント:7
2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。
 その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

少女「あんたら地元の人間か?」
団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」
少女「で、何しにきたんや?」
団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」
少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
団体「・・・・?」
少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
   寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
   夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
   私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
   あんたらにわかるか?
   消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
   でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
団体は撤退。
彼女が門をくぐった時に、守衛さんが、彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。




*コメント欄>>32: 名無しのコピペさんのURL先を見て動画追加し再投稿しました。
 管理人は涙出ました。('08/11/08)



【関連エントリー】
- その時まで実の両親だと思っていたのに…。
- 金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから
- 母の遺品を整理していたら、日記が出てきた
- 俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある
- ばぁちゃん、死に目に会えなくてゴメンネ
- 【実話】地裁が泣いた -認知症母殺害事件初公判-




【最新注目記事】

自衛隊員に浴びせられた言葉このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/04 12:00|感動する話コメント:1
143 名前:桃色猥星[sage] 投稿日:2006/08/09(水) 02:40:46 ID:evvz7n7P0
では実体験から
広島の平和集会にゲストとして呼ばれた自衛隊員に浴びせられた言葉

市民「自衛隊は無くすべきだと思いますが、自衛隊員の○○さんはどう思いますか?」
市民「自衛隊が有るから軍事的緊張が発生する、
憲法違反だから自衛隊は無くすべきだと思います、
自衛隊員の○○さんはどう思いますか?」

そこで自衛隊員の返事、俺はこの言葉をこれからもずっと忘れないと思う

自衛隊員「そう言う人達も守るのが、自衛隊です」


【関連エントリー】
- 集団に向かって一人の女子高生の少女が…。
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- ロケをしていた江頭にサインを頼んだら…。
- 入院して二ヶ月 直らない もうだめだ
- たのむから神様何とかして下さい(゚Д゚)ゴルァ!




【最新注目記事】

生まれて初めて一人で乳児を育て始めたこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/03 08:00|感動する話コメント:0
この前妻に先立たれたんですよ、この前と言っても随分前だけどね。
で、生まれて初めて一人で乳児を育て始めたわけですわ。
正直最初は乳児を育てるのって簡単だと思ってたのよ。みんな普通に育児してるからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは男一人でやるもんじゃない。女性だね、お母さんが愛情込めてやるものだよ。
最初に寝かせつける時さ、めちゃめちゃびびってお腹そろ~ってさすって頭そろ~っと撫でたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか怖くなって手を止めちゃったのさ。
そしたら娘がさ「もっと撫でて!」って感じでぐずるの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だからお腹トントンしたのさ。
えぇ、そりゃもうトントンしましたとも。全てを忘れてトントンしたよ。
ちょっと強すぎるんじゃないか、とか実はそろそろミルクやる時間だとかオムツも確かめないといけない事とか色々忘れてね。
だって娘が撫でろって言ったからね。
そしたらエライ事になった。
もうすごい号泣。すごい喧しさ。耳元でシンバル鳴らされたくらい。
空港の隣に住んでる人でもきっと驚く。
それで横見たら娘がすごい勢いで俺の事見てんの。ホントごめんなさい。
正直「男なら女房の忘れ形見くらい一人で育てるぜ!」なんて見栄張らないで素直に娘と一緒に妻の後を追えばよかったと思ったよ。
心の底から一人で育てると決めた事を後悔して今後の事を不安に思ったね。
でも会社行って同僚に「赤ん坊の世話なんて簡単だな!専業主婦なんてただの暇人だよ。」とか言っちゃってんの。
ホント俺ってダメ人間。
誰か助けて下さい。
▽続きを読む▽




【最新注目記事】

東京ディズニーランドで…。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/03 05:00|感動する話コメント:0
数年前のダンスフィーバー(inTL)のイベント時に来園したときの話です。
その日はとても空いていて夜になりあらかたアトラクションも乗ってしまったので、そろそろ帰ろうと思い、帰りがてらイベント特設ステージ前にあった特設ブースで飲み物を買った時の、そこのキャストの人との思い出です。

俺「出口ってどっちですか?」(当時はあまり来園したことが無かったもので園内での方向感覚が皆無でした)
キャスト「もうお帰りですか?」 チラッと自分の時計を見る。
キャスト「お急ぎですか?」
俺「別にそういうわけじゃないけど・・・」 (さっさと教えろよ!!)
キャスト「では、今日一日のことを思い出してあちらのステージの方を見てください。」 
俺 (なんだよいったい!うぜー!!)と思いつつ彼女とともにステージの方を見る。

俺がステージの方を見たその瞬間、大きな音とともにステージの上方に上がる大きな花火。
買った飲み物を受けとるのも忘れ、花火をぼーぜんと眺めてしまう俺と彼女。
二人ともその日花火があるなんてまったく知らなかったのです。

花火が終わりふと我に返って振り向くと、キャストが笑顔で
「思い出一つ増えましたか?」と。
その後、そのキャストは親切丁寧に出口を教えてくれ我々は帰路につきました。

今でも彼女と来園するとその時の話題が出て「あれは感動したよね」と盛り上がっております。
あの時のキャストよ素敵な演出をありがとう。



【関連エントリー】
- たのむから神様何とかして下さい(゚Д゚)ゴルァ!
- あんなに最高にうまいおにぎりは初めてだった…。
- 癌が見つかりました。でも、絶対に死にません。
- 俺と同い年くらいの女の子だった
- お別れする前にあなたに言っておきたいこと




【最新注目記事】

馬鹿野郎!さがしたんだぞ!このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/01 20:00|感動する話コメント:2
一年前、上司に仕事のミスを指摘され二時間説教された挙句
「お前じゃ使い物にならん!荷物まとめて家に帰ってしまえー!」と言われた。
ミスで凹んでいたのと人格を否定された感じの焦燥感で次の日の朝、会社の寮を飛び出し実家に向かった。
始業時刻になり、携帯に連絡があったが無視した。もうどうにでもなれって感じだった。

だが実家に帰りにくい・・
どうせ上司の事だから実家にも連絡入れてるはずだ・・
そう思った俺は、地元の駅の雀荘に向かった。
携帯を見ると着信が20件以上あった。全部上司からだった。
(もう俺の事なんてどうでもいいだろ!)って思って携帯を切った。
それから狂った様に麻雀を打ち続けた。
かれこれ四時間位かな?

その内飽きてきて、面子もちょぼちょぼになり「そろそろ帰ろうかな」って時に
入り口のドアが開いた。
お・・新しい面子が来た。。と思ったら上司が立っていた。
「な・・なんで!!!?」
上司は目に涙を溜めながら「馬鹿野郎!さがしたんだぞ!」って言って腕を引っ張った。
「ほら・・戻るぞ!」
帰り道に二人で屋台のラーメンを食べた。
どうやら携帯の電源切った後、わざわざ実家に電話して俺が行きそうな所は片っ端から見て回ったらしい。
しかしこんな地元の雀荘まで来るとは・・
「今度一緒に麻雀打ちましょうよ」という俺のお誘いに上司は苦笑いしながら「馬鹿野郎」って言ってメンマをすすってた。


【関連エントリー】
- この人、痴漢ですっ!!!
- さて、合格を掴むために勉強に励むか。
- 「おやじ、今日俺退職するんだ。」
- ロケをしていた江頭にサインを頼んだら…。
- 飼ってたネコが死んだ




【最新注目記事】

あんなに最高にうまいおにぎりは初めてだった・・・。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/01 17:00|感動する話コメント:1
大学を卒業し就職が決まり、一人暮らしのアパートを引っ越すことになった。
友人数人と、電車で1時間半ぐらい離れた実家から姉が手伝いに来てくれたのだが、なぜか姉はデカイ荷物を持ってきた。
「???」と思いつつ作業を開始し、昼飯時。 コンビニや食べ物屋に行くのも大変な田舎のこと。
しかし俺は見栄はって、 仕出屋に寿司の出前を頼んでおいた。友人らには大好評。
夕方前には引越し終了。新居でひとまず落ち着いて、友人らも帰っていった。

が、最後まで残っていた姉が、例のデカイ荷物をもったまま帰ろうとする。
「あれ?そんなでかい荷物をまった持って帰るん?引っ越し祝いか何かじゃないのか?」と問い詰めても言葉を濁すばかり。

じれったくなってむりやり荷物を奪い中身を見ると――大量のオニギリだった・・・
「引越しで台所も片付けてるし、みんなお昼に食べるものないだろうと思ったんだけど……。
 すごいお寿司とか出てきたから、出しにくくなっちゃった」
恥ずかしそうに苦笑する姉。俺は泣きそうになった。
あんな 重い荷物をわざわざ1時間半もかけて電車に揺られもってきてくれた姉

もちろんその後オニギリは全部ひきとって、ラップにくるんで冷凍保存し、
一週間かけて全部食べた。あんなに最高にうまいおにぎりは初めてだった・・・。



【関連エントリー】
- たのむから神様何とかして下さい(゚Д゚)ゴルァ!
- ありがとう、お父さん。
- お母さん。お母さん。お母さん。
- フリーザぶっ倒してくれるの!?
- 通り魔か




【最新注目記事】

中学1年生ぐらいに反抗期があってこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/01 14:00|感動する話コメント:0
自分もなんか中学1年生ぐらいに反抗期があって、ちょっとツッパってたりしたんだ。
「親の作った弁当なんかダサくて食えるか、金よこせよ、コンビニで買うから!」
みたいな事を母ちゃんに言ったことがあってさ、それから金貰って、昼休みに学校抜け出して買い食いするようになったんだ。

大人になってから、オヤジから聞いたんだけど、母ちゃんその時、やっぱ俺にはわからんようにベソかいてオヤジにグチったらしい。
オヤジはブチギレて俺をブっとばそうと思ったらしいんだけど、
母ちゃんは「あの子だって年頃だし、かっこつけたいんだからしょうがないの!」
と逆に俺をかばったらしい。で、毎日昼飯代として千円ずつくれてた。小遣いとは別に。

数年後、大学生になってヲタク化して、バイト代を趣味にぶち込むようになったら俺は慢性的金欠。
オヤジからバイトやってるから小遣いは一切やらん!って言われてて・・・
とにかく金欠すぎて激安の学食ですらメシ食えないから、「弁当作ってくれないか」って母ちゃんに頼んだんだよね
反抗期時代の自分の発言なんてコロっと忘れて。

そしたら母ちゃんが泣きながら怒り出して、言ったんだ
「もう、ダサくて食えないなんて、二度と言わないなら、作ってあげるわよ・・・いくらでも・・・」
俺は自分の発言を思い出して、愕然とした。

そんな思い出がある俺としては、やっぱり弁当ネタは泣ける。



【関連エントリー】
- 癌が見つかりました。でも、絶対に死にません。
- 無人島に漂流したアメリカ人とイギリス人とポーランド人
- ジャングルに人食い人種の親子がいた
- むしろそれをくれ。
- 「モシモシ? シャチョサン??ニーナデース 電話デテネ」




【最新注目記事】

先日ゼファー750を買ったんだこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/11/01 05:00|感動する話コメント:0
先日ゼファー750を買ったんだ。
38,000㌔走行だったんだけど状態はかなり良く、前のオーナーが大切に乗っていたのがうかがい知れた。
それなりに値も張ったが、奮発して購入。
そして家まで乗ってきてwktkしながらいろいろゼファーを見てたさ(みんなもバイク買った時は眺めまくったろ?)
そのあと車載工具でも見てみようと思ってケースから出したらケースの底の方にまだ何か残ってる感じがしたんだ。
なんだろうと思ってよく見たら、隠すように奥の方に畳んで入れられた紙らしきものを発見。
何かの説明書かなと思って出してみて開いたら、前のオーナーが書いたと思われる手紙が入ってた。

「今までありがとうな。楽しかったよ。
 俺はお前を手放さなければならなくなってしまって、申し訳ない。
 お前に大切に乗ってくれるオーナーさんに出会えるといいな。
 これからは新しいオーナーさんと一緒に走ってください。」

さらにもう1枚
 「新しいオーナー様へ
  勝手にこのような物を忍ばせたことをお許しください。
  手放した側は何も言うべきではないという事は重々承知の上でございますが、
  ぜひともこのゼファーを大切に乗ってやってください。
  手紙は破棄してください。」

もうね、俺の涙腺崩壊。
そうだよな、前のオーナーさんとの思い出もいっぱいあるよな。
これからは俺と一緒に走ろう。大切にするよ。


ついでに
前のオーナー様へ
自分はまだ19の若造ですが、あなたの願いどおりこのゼファーを大切に乗っていきます。
あなたに何が起きたのかは知る由もありませんが、ゼファーは今日も僕と一緒に元気に走ってくれています。



【関連エントリー】
- 親子連れが大声でしりとりし始めたんです
- 彼女がこのコンビニに来る様になったのは…。
- ある男が誰を結婚相手にするか考えていた
- 障害者の人を馬鹿にするな!!
- 窓の外を眺めて浸っていたら「結婚しないか」と言われた。




【最新注目記事】

ありがとう はんきゅうでんしゃこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 18:00|感動する話コメント:0
134 :M7.74 :04/11/11 23:57:14 ID:xtl17gRB
阪神・淡路大地震のあと、阪急電車の復旧を沿線の人々は待ち望んでいた。
うちもその一軒。
夜を徹して行われる作業、騒音や振動をこらえてくださいと、電鉄会社の人が頭を下げに来た。
「何を言ってるんだ?我慢するに決まってるじゃないか。それよりも一刻も早い復旧を。」
うちも含めて、沿線の人々はみなそう言って、電鉄会社の人を励ました。

阪急は国の補助も受けず、少しづつ復旧・部分開業していった。
そして最後に残された西宮北口~夙川間の高架部分の再開によって、ついに神戸本線は全通した。
再開の日に、もちろん漏れも乗りに行った。神戸で逝った友のもとへ行くために。
運転台の後ろは人だかりだった。みな静かに鉄道の再開の喜びをかみ締めているようすだった。

夙川を渡るそのとき、川の土手に近所の幼稚園の園児たちが立ち並んでいるのが目に飛び込んできた。
手書きの横断幕を持って・・・。

    「あ り が と う  は ん き ゅ う で ん し ゃ」

運転手が普段ならしないはずのそこで敬礼をした。
そして大きく「出発進行!」と声を上げた。
その声は涙声になっていた。漏れも泣けた。

ときよ、上越新幹線よ、もまいを待っている人々がいる。
復興のために、そして人と人をつなぐために、よみがえれ、不死鳥のごとく。



【関連エントリー】
- 集団に向かって一人の女子高生の少女が…。
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- お前がいじめられてたら助けてやる
- お母さんが仕事先で倒れたの
- ロケをしていた江頭にサインを頼んだら…。




【最新注目記事】

俺の家は、すげぇー貧乏だったこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 16:00|感動する話コメント:3
20年前ぐらいの前の話

当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。
子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。
それでもどん底だった・・・

俺は中学卒業してすぐ働きに出た。
死ぬほど働いた。遊んでる暇なんてなかった。

1年ぐらいして同級生に久しぶりに会った。
飯食いに行こうって話になった。
メニューの漢字・・・読めなかった。
読めたのは、一つだけカタカナで書いてあった「オムライス」だけ。
同級生は「焼きそばとごはん」って注文した。

無知な俺は「じゃあ俺はオムライスとごはん」って店員に言った。
店員、固まってた。
クスクスって笑い声も聞こえてきた。
そしたら同級生
「さっきのキャンセルね!!俺もオムライスとごはん!!」

・・・
店出た後、同級生が一言
「うまかったな」って言った。
「仕事がんばれよ」って言ってくれた。

泣けてきた
心の底から人に「ありがとう」って思った。
そいつは今でも親友です。



【関連エントリー】
- 妹想いの優しい兄
- 付き合って3年の彼女に唐突に振られた。
- その時まで実の両親だと思っていたのに…。
- 金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから
- 母の遺品を整理していたら、日記が出てきた




【最新注目記事】

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 10:00|感動する話コメント:1
付き合って3年の彼女に唐突に振られた。

「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」
就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣に考えてたっつーのに、目の前が真っ暗になった。
俺は本当に彼女が好きだったし、勿論浮気もしたことないし、そりゃ俺は
格別イイ男って訳じゃなかったけど、彼女の事は本当に大事にしてたつもりだった。
なのに、すっげーあっさりスッパリやられた。

どーにもこーにも収まりつかなくて、電話するも着信拒否、家行っても
いつも留守、バイト先も辞めてた。
徹底的に避けられた。もーショックですげー荒れた。仕事に打ち込みまくった。

それから半年、お陰で同期の中でダントツの出世頭になってた。
彼女の事も、少しずつ忘れ始めてた、そんなある日。
携帯に知らない番号から電話がかかってきた。
最初は悪戯とかだと思って無視ってたんだけど、何回もかかってくる。
仕方ないから出た。

別れた彼女の妹を名乗る女からだった。その女が俺に言った。
「お姉ちゃんに会いに来てくれませんか?」

・・・彼女は白血病にかかっていて、入院していた。
ドナーがやっと見つかったものの、状態は非常に悪く、手術をしても
助かる確率は五分五分だという。
入院したのは俺と別れた直後だった。
▽続きを読む▽




【最新注目記事】

遠方から学術研究の為に日本に来たメキシコ人このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 06:00|感動する話コメント:0
1800年代後半、日本とメキシコの間に国交さえなかった頃。
金星の接近を観測するため日本にやってきたメキシコの観測団は、
日本に観測所を建てる、どころか、どこで観測して良いかも判らないといった状態でした。
とはいえ、わざわざ遠方から学術研究の為に日本に来たメキシコ人。
その使命感に敬意を感じた日本政府は、当時外国人の居住さえ認められていなかった横浜に観測所を建てることを許可しました。
特例中の特例の扱いに、メキシコの観測隊も感動。
代わりに、日本人実習生をこの観測に受け入れることを申し出ました。
スペイン語どころか、英語すらろくに話せない日本人実習生を、です。
日本もこれにはいたく感動し、快諾。日本人実習生4人が、先進の天文学に触れることになりました。

その後、観測隊の一員であったフランシスコ・ディアスは「日本旅行記」という本を書きました。
「日本国民よ、日本を訪れる外国人との交流が日本の将来に影響ありとするなら、
 今後の祖国繁栄を願って、外国人の意見を大いに摂取するがよい。
 われわれも絶大な協力を提供しよう。
 われわれは日本民族が幸福になる価値が十分にあると信じている。
 日本人は品位があり、紳士的で勤勉で、勇敢にしてかつ法に恭順な民族だからである。
 私の祖国が将来日本と友好関係を結ぶことを、そしてまた将来日本と同じ位多くの友を得ることを祈念している」

そして、1888年。
欧米列強との不平等条約に頭を悩ませていた日本と、
東洋と国交を開きたいメキシコとの間で「日墨修好通商条約」が結ばれました。
完全な平等条約、アジアを除けば日本にとって初めての平等条約です。
メキシコは、かつての観測における友好を忘れておらず、
数ある東洋の国から、対等なパートナーとして、
まったくの後進国であった日本を選んでくれたのです。

メキシコの駐日大使館は、現在も当時と変わらず東京のど真ん中、永田町にあります。
こんな一等地に、一戸建てのキレイな大使館を構えているのはメキシコだけ。
平等条約締結のお礼として、明治政府がこの土地を提供したからです。



【関連エントリー】
- お前がいじめられてたら助けてやる
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- お母さんが仕事先で倒れたの
- さて、合格を掴むために勉強に励むか。
- 「おやじ、今日俺退職するんだ。」




【最新注目記事】

自殺を図って失敗このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 04:00|感動する話コメント:0
恥ずかしながら、自殺を図って失敗。
病院を退院する時、

「悩みから解放されて眠っているあなたは、とても綺麗であのまま眠らせておいてあげたかったけど
僕は医者だからね」

とお爺ちゃん先生だったけど、綺麗なんて言われた事がないので嬉しかった。

その後、私を真っ直ぐに見て

「生きなさい」と言ってくれた。

もう何年も前のことだけど、辛くなったら思い出す。



【関連エントリー】
- 入院して二ヶ月 直らない もうだめだ
- ロケをしていた江頭にサインを頼んだら…。
- お前がいじめられてたら助けてやる
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- お母さんが仕事先で倒れたの




【最新注目記事】

家の事情でばあちゃんに預けられていたこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 23:00|感動する話コメント:0
オレは小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。
当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。
いつしかオレはノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。
それをばあちゃんに見せては
「ここでモンスターが出るんだよ」
「ここに止まったら三回休み~」
ばあちゃんはニコニコしながら、「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。
それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。
やがてオレにも友達が出き、そんなこともせず友達と遊びまくってたころ、家の事情も解消され、自分の家に戻った。ばあちゃんは別れる時もニコニコしていて、
「おとうさん、おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」と喜んでくれた。

先日、そのばあちゃんが死んだ。89歳の大往生だった。
遺品を整理していた母から、「あんたに」と一冊のノートをもらった。
開いてみると、そこにはばあちゃんが作ったすごろくが書かれてあった。
モンスターの絵らしき物が書かれていたり、何故かぬらりひょんとか
妖怪も混じっていたり。「ばあちゃん、よく作ったな」とちょっと苦笑していた。
最後のあがりのページを見た。「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に

「義弘(オレ)くんに友達がいっぱいできますように」

人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした。
ばあちゃん、死に目に会えなくてごめんよ。そしてありがとう。



【関連エントリー】
- ばぁちゃん、死に目に会えなくてゴメンネ
- その時まで実の両親だと思っていたのに…。
- 金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから
- 母の遺品を整理していたら、日記が出てきた
- 俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある




【最新注目記事】

会話のテンポが少し遅いA君がいたこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 17:00|感動する話コメント:1
小学生のとき、少し足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅いA君がいた。
でも、絵が上手な子だった。
彼は、よく空の絵を描いた。
抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。
冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
私はN先生が大嫌いだった。

クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、全校集会で先生のお別れ会をやることになった。
生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、と言い出したお馬鹿さんがいた。
お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。

私は、A君の言葉を忘れない。

「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」

A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。
水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。
N先生がぶるぶる震えながら、嗚咽をくいしばる声が、体育館に響いただけでした。

昨日、デパートのポストカードなどに美しい水彩画と、A君のサインを発見いたしました。

N先生は今、僻地で小学校で校長先生をしております。
先生は教員が少なく、子供達が家から2時間ほどかけて登校しなければならないような過疎地へ自ら望んで赴任されました。

N先生のお家には、毎年夏にA君から絵が届くそうです。
A君はその後公立中高を経て、美大に進学しました。
お別れ会でのN先生の挨拶が思い浮かびます。

「A君の絵は、ユトリロの絵に似ているんですよ。
 みんなはもしかしたら、 見たこと無いかもしれない。
 ユトリロっていう、フランスの人でね、街や 風景をたくさん描いた人なんだけど。
 空が、綺麗なんだよ。
 A君は、その才能の代わりに、他の持ち物がみんなと比べて少ない。
 だけど、決して取り戻せない物ではないのです。
 そして、A君は それを一生懸命自分のものにしようしています。
 これは、簡単なことじゃありません!」

A君は、空を描いた絵を送るそうです。
その空はN先生が作り方を教えた、
美しいエメラルドグリーンだそうです。



【関連エントリー】
- お前がいじめられてたら助けてやる
- 【実話】地裁が泣いた -認知症母殺害事件初公判-
- 次の日見に行くと死体は消えていた
- 通り魔か
- スカッとする武勇伝





【最新注目記事】

せっかく生まれてきたからこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 13:00|感動する話コメント:0
ボランティアに言った病院で難病の子供が言った言葉です。

「○○くんはいつも教科書や本を読んで勉強しているね?
 大きくなったら何になるの?」
「僕は大人にはなれないんだ。僕の病気は治らないから。」

言葉継げずにいると、

「でも勉強がしたい。せっかく生まれてきたから、いっぱいいろんなことを知りたい。」

わずか、11歳の子でした。

私はこの言葉を思い出すと、今でも自らの浅学が恥ずかしくてたまりません。



【関連エントリー】
- 親子連れが大声でしりとりし始めたんです
- 彼女がこのコンビニに来る様になったのは…。
- ある男が誰を結婚相手にするか考えていた
- 辞書忘れたから女子のを共同で使わせてもらった
- 窓の外を眺めて浸っていたら「結婚しないか」と言われた。




【最新注目記事】

入院して二ヶ月 直らない もうだめだこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 08:00|感動する話コメント:0
割と大きな病院に通院していました。
ある日、男子トイレの洋式の方に入り座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。

『 入院して二ヶ月 直らない もうだめだ 』

そして二週間後(その落書きの事はすっかり忘れていたのですが)、またそのトイレに入りました。

…ドア裏は落書きでいっぱいいっぱいになっていました。
『頑張れ』『ガンガレ』『必ず良くなるぜい!』等々。

しかもその後、トイレはペンキ塗り直しされたのですが、そのドアだけはそのままだった事がなんか嬉しかったなぁ。



【関連エントリー】
- 医者「おいくつですか?」
- 親子連れが大声でしりとりし始めたんです
- 彼女がこのコンビニに来る様になったのは…。
- 辞書忘れたから女子のを共同で使わせてもらった
- 飼ってたネコが死んだ




【最新注目記事】

この子一人で良いからどうかこの子を助けてください。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 01:00|感動する話コメント:0
240 名無しの心子知らず New! 04/12/27 21:08:16 ID:+9huk2d5
うちの娘も一人っ子。
いろんな人から「一人っ子は可愛そうよ,もっと生めば?」とはいわれる。
でも娘が3歳のとき、よかれと思って受けさせたおたふく風邪の予防接種の
副作用で髄膜炎にさせてしまった時、41度の高熱に苦しむ娘をみながら,神に祈った。
「私の生涯、子供はこの子一人で良いからどうかこの子を助けてください」と。

ちょっと育児失敗したかなあ。他の子供はもうこういうことができるのに。とか思い通りに育たない娘をみて、次の子が生まれたらこうやって育てようなど考えてた直後の発病だった。
罰があたって、この子を失うかもしれないという不安でいっぱいで
「とにかく命だけは助けて」と祈る毎日だった。
無事熱も下がり、恐れていた後遺症もなく元気で退院してからはしばらく夜抱いて寝ていたものだ。思った通りに育たなくても、他の子ができることができなくても大切な可愛い我が子。
あの時祈った言葉に嘘はない。
今目の前にいる娘がすくすく育ってくれるのが一番幸せ。
神様との約束がずっと守られているから一人っ子のままなのだと思っている。

この話をするとたいていの人は黙る。



【関連エントリー】
- ばぁちゃん、死に目に会えなくてゴメンネ
- その時まで実の両親だと思っていたのに…。
- 金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから
- 母の遺品を整理していたら、日記が出てきた
- 俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある




【最新注目記事】

ロケをしていた江頭にサインを頼んだら…。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/29 23:00|感動する話コメント:0
396 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2005/12/31(土) 14:18:15 ID:DtEkPEzY0
テレビのロケをしていた江頭にサインを頼んだら
マジックがおかしかったらしくきれいに書けなくて、
そうこうしていたら江頭の出番が来て呼び戻されてロケに戻って行ったんだけど、
もらった人はそれでもすごく嬉しくて興奮していたらしい。
そして、ロケが終わった後、プロデューサーが来て一枚の色紙をくれて、
そこにはめちゃイケのレギュラー全員のサインが書かれていたそうだ。
江頭が頼んでみんなにもらったらしいのだが、
色紙には江頭のサインはなく、
その理由は「自分がすると価値がさがるから」らしい。
そんなことないのにね



【関連エントリー】
- さて、合格を掴むために勉強に励むか。
- 「おやじ、今日俺退職するんだ。」
- ブックオフで100円の文庫本買おうとしたら
- 障害者の人を馬鹿にするな!!
- 猫2匹が相談してる声が聞こえてきちゃった




【最新注目記事】
H e a d L i n e

 

検索フォーム


週間アクセスランキング

リンク

アンテナサイト


ニュースサイト
お勧め相互リンク
動画サイト
イラストサイト

DVD ゲーム

あわせて読みたい

おすすめ出会い

 |  笑える話 | 泣ける話 | 感動する話 | 怖い話 | 恋愛・結婚 | 下ネタ | アホな話 | ほのぼの | ジョーク | 画像&動画 | スレまとめ | 月間お勧め記事 | お知らせ | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. 2ちゃんねる コピペ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo

ページランク にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。