FC2ブログ

2ちゃんねる(2ch)で見つけた面白い話、笑える話、感動する話、泣ける話、怖い話や面白動画や面白画像などを紹介していきます

2ちゃんねるコピペ 最新記事
携帯で2ちゃんねるコピペを見る

厳選おすすめサイト

インフォメーション

TOP絵大募集
TOP絵クリックでランダム表示

2ikkei.net
TOP絵を2ikkei.net様より提供して頂きました!

ドラクエそーりょ
TOP絵をドラクエそーりょのしいたけ様に描いて頂きました!

ICBM-LABO
当サイトのTOP絵をICBM-LABOのICBM様に描いて頂きました!


管理人の一言

祝300万アクセス達成!!
3月からまた更新します!




記事紹介感謝

News人 様
情報屋さん。 様
TBN 様
はぅわ! 様
日本視覚文化研究会 様
ニューディスカバリー 様
ニュー得ブログ 様

カテゴリ

お勧め写真集



月別アーカイブ

売れ筋

QRコード

QR

テスト中


忍者カウンターに移行するかも。






フィードメーター - 2ちゃんねる コピペ

H e a d L i n e

 



スポンサーサイトこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





【最新注目記事】

ありがとう、お父さん。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 23:00|泣ける話コメント:0
俺の母親は、俺が2歳の時にがんで死んだそうだ。
まだ物心つく前のことだから、当時はあまり寂しいなんていう感情もあまりわかなかった。
この手の話でよくあるような、「母親がいない事を理由にいじめられる」なんて事も全然なくて、良い友達に恵まれて、それなりに充実した少年時代だったと思う。
こんな風に片親なのに人並み以上に楽しく毎日を送れていたのは、
やはり他ならぬ父の頑張りがあったからだと今も思う。

あれは俺が小学校に入学してすぐにあった、父母同伴の遠足から帰ってきたときのこと。
父は仕事で忙しいことがわかっていたので、一緒に来られないことを憎んだりはしなかった。
一人お弁当を食べる俺を、友達のY君とそのお母さんが一緒に食べようって誘ってくれて、寂しくもなかった。
でもなんとなく、Y君のお弁当に入っていた星形のにんじんがなぜだかとっても羨ましくなって、その日仕事から帰ったばかりの父に「僕のお弁当のにんじんも星の形がいい」ってお願いしたんだ。
▽続きを読む▽
スポンサーサイト
[PR]






【最新注目記事】

たのむから神様何とかして下さい(゚Д゚)ゴルァ! このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 22:00|泣ける話コメント:2
どうして私がいつもダイエットしてる時に(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして私が悪いのに ケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうしてお小遣減らしたのに 文句一つ言いませんか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして交代でやる約束した洗濯をし忘れたのに 怒りませんか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして子供が出来ないのは私のせいなのに謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして自分が体調悪い時は大丈夫だと私を突き放して 私が倒れると会社休んでまで看病しますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして妻の私に心配掛けたくなかったからと病気の事を隠しますか(゚Д゚)ゴルァ!
おまけにもって半年とはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
長期出張だと嘘言って知らない間に手術受けて助からないとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
病院で俺の事は忘れていい男見つけろとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
こっちの気持ちは無視ですか(゚Д゚)ゴルァ!
正直、あんた以上のお人よしで優しい男なんか居ませんよ(゚Д゚)ゴルァ!
それと私みたいな女嫁にすんのはあんた位ですよ(゚Д゚)ゴルァ!

▽続きを読む▽




【最新注目記事】

フリーザぶっ倒してくれるの!?このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 21:00|泣ける話コメント:1
「ほんとにフリーザぶっ倒してくれるの!?」
「今日はお前の誕生日だろ?」
「・・・カーチャン戦闘力あるの!?5000じゃ殺されるよ!?」
「カーチャンいっぱい修行したからね、6500くらいあるからたぶん勝てるよ」

;;;;;;;;;;;::: ::::;;;;;;:: ::: ::::...  .: . . J( 'ー`)し _  ..:;;;:;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: :  
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス  :: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;
: :. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;..    从    θ斤:エh u    .:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   
;;;;:;,:.:;;;;;;;;;;;;:::.  __ ('∀`)_/ ∪レ..... 弋|      :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ    ...::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,:..     (∨ヘ      |....|: .)    .:::;;,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::....    .|;|レ'      .(_;);;.| -~、 ..:..:..:,,;,;;;;;;;;;;;;:::::: ::
、 ._  _.:;~⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....::,...⌒~^⌒



【関連エントリー】
- 死にそうな青年の前に妖精が現れる
- 近所のコンビニに可愛い子がいたんです
- それがルパンだ!追えぇ~
- ブックオフで100円の文庫本買おうとしたら
- 障害者の人を馬鹿にするな!!




【最新注目記事】

癌が見つかりました。でも、絶対に死にません。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 20:00|泣ける話コメント:7
癌が見つかりました。子宮癌。
でも、絶対に死にません。
子ども達と子どもにネクタイだけ付けたようなダンナを置いて死ねません。
私と私の家族の幸せを自分達の幸せと思っている両親と義両親を置いて死ねません。

算数の文章問題が苦手でプリント前にして涙ぐんじゃう長男を置いて死ねません。
おじゃ魔女ドレミごっこで、おんぷちゃん役になれないと暴れる長女を置いて死ねません。


明後日入院します。
内臓全部くり抜いても良いから生かして下さいと先生に言ったら苦笑いされましたけど。
本当は不安で不安で転げ回りたいくらいですが、ともかく私は死にません。
と高らかに宣言させてください・・・・・。



【関連エントリー】
- 俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある
- ばぁちゃん、死に目に会えなくてゴメンネ
- 【実話】地裁が泣いた -認知症母殺害事件初公判-
- 集団に向かって一人の女子高生の少女が…。
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた




【最新注目記事】

ありがとう はんきゅうでんしゃこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 18:00|感動する話コメント:0
134 :M7.74 :04/11/11 23:57:14 ID:xtl17gRB
阪神・淡路大地震のあと、阪急電車の復旧を沿線の人々は待ち望んでいた。
うちもその一軒。
夜を徹して行われる作業、騒音や振動をこらえてくださいと、電鉄会社の人が頭を下げに来た。
「何を言ってるんだ?我慢するに決まってるじゃないか。それよりも一刻も早い復旧を。」
うちも含めて、沿線の人々はみなそう言って、電鉄会社の人を励ました。

阪急は国の補助も受けず、少しづつ復旧・部分開業していった。
そして最後に残された西宮北口~夙川間の高架部分の再開によって、ついに神戸本線は全通した。
再開の日に、もちろん漏れも乗りに行った。神戸で逝った友のもとへ行くために。
運転台の後ろは人だかりだった。みな静かに鉄道の再開の喜びをかみ締めているようすだった。

夙川を渡るそのとき、川の土手に近所の幼稚園の園児たちが立ち並んでいるのが目に飛び込んできた。
手書きの横断幕を持って・・・。

    「あ り が と う  は ん き ゅ う で ん し ゃ」

運転手が普段ならしないはずのそこで敬礼をした。
そして大きく「出発進行!」と声を上げた。
その声は涙声になっていた。漏れも泣けた。

ときよ、上越新幹線よ、もまいを待っている人々がいる。
復興のために、そして人と人をつなぐために、よみがえれ、不死鳥のごとく。



【関連エントリー】
- 集団に向かって一人の女子高生の少女が…。
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- お前がいじめられてたら助けてやる
- お母さんが仕事先で倒れたの
- ロケをしていた江頭にサインを頼んだら…。




【最新注目記事】

俺の家は、すげぇー貧乏だったこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 16:00|感動する話コメント:3
20年前ぐらいの前の話

当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。
子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。
それでもどん底だった・・・

俺は中学卒業してすぐ働きに出た。
死ぬほど働いた。遊んでる暇なんてなかった。

1年ぐらいして同級生に久しぶりに会った。
飯食いに行こうって話になった。
メニューの漢字・・・読めなかった。
読めたのは、一つだけカタカナで書いてあった「オムライス」だけ。
同級生は「焼きそばとごはん」って注文した。

無知な俺は「じゃあ俺はオムライスとごはん」って店員に言った。
店員、固まってた。
クスクスって笑い声も聞こえてきた。
そしたら同級生
「さっきのキャンセルね!!俺もオムライスとごはん!!」

・・・
店出た後、同級生が一言
「うまかったな」って言った。
「仕事がんばれよ」って言ってくれた。

泣けてきた
心の底から人に「ありがとう」って思った。
そいつは今でも親友です。



【関連エントリー】
- 妹想いの優しい兄
- 付き合って3年の彼女に唐突に振られた。
- その時まで実の両親だと思っていたのに…。
- 金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから
- 母の遺品を整理していたら、日記が出てきた




【最新注目記事】

俺と同い年くらいの女の子だったこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 14:00|泣ける話コメント:1
Saga2は思い出のソフトなんだ……今でもよく思いだしては切なくなってます。

俺さ、産まれた時から酷い小児喘息だったのよ。
夜中にかーちゃん起こして病院連れてってもらうなんてしょっちゅうだったし、
小学校あがって更に病状が悪くなって。もちろん体育なんかでれないし、
みんなと外で遊ぶ事すらできなかった。

んで、小五になってからほぼ毎日病院行って吸入するくらいまで悪化しちゃって、
そのまま3週間入院する事になって。。。

んでね、そん時4人部屋の病室だったんだけど
二人はおばあちゃんとおじさん、んでもう一人は俺と同い年くらいの女の子だった。
俺、昔からすげぇ人見知りが激しい上に物凄い照れ屋で、なかなかその同室の人達と仲良くなれないで一人で勉強してるかゲームボーイやってるかだったのよ。
そん時家から持ってきたソフトが「Saga2」で、もう一回クリアしたやつだったんだけどヒマだしもっかいやるかな、って毎日やってたワケさ。

んで入院して一週間立った頃、俺がゲームボーイやってる時は
なんかその同室の女の子がじーっとこっち見てる事に気づいたんよ。俺が彼女の方みると慌てて目逸らすんだけどね。
もしかしてやってみたいのかな?と思って、「良かったらコレ借そうか?」って聞いたのよ。

そしたら目ぇ輝かせて「いいの?」っていうもんだから、「もう飽きたからな」とか照れ隠しして借してあげたさ。

でも案の定操作が分からないらしく、画面とずっとにらめっこしてるもんだから
俺が操作教えながら一緒にゲーム進めることにしたんよ。
パーティーは人間・男の主人公「リョータ(俺の名前)」で、仲間は人間・女「さやか(彼女の名前)」
あとはエスパーガールとロボットにそれぞれ同室のばあちゃんとおじさんの名前つけたっけ。それからどんどんそのコと仲良くなって、二人でゲームボーイやるだけじゃなく、色んな話もするようになった。
学校の事、家族の事、好きな音楽の事、近くに迫った夏休みの事…
▽続きを読む▽




【最新注目記事】

妹想いの優しい兄でしたこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 12:00|泣ける話コメント:0
私には、兄がいました。
3つ年上の兄は、妹想いの優しい兄でした。
ドラクエ3を兄と一緒にやってました。(見てました。)
勇者が兄で、僧侶が私。遊び人はペットの猫の名前にしました。
バランスの悪い3人パーティ。兄はとっても強かった。
苦労しながらコツコツすすめた、ドラクエ3。おもしろかった。
たしか、砂漠でピラミッドがあった場所だったと思います。
とても、強かったので、大苦戦してました。

ある日、兄が友人と野球にいくときに、私にいいました。
「レベ上げだけやってていいよ。でも先には進めるなよ。」
私は、いっつもみてるだけで、よくわからなかったけど、
なんだか、とてもうれしかったのを覚えてます。
そして、その言葉が、兄の最後の言葉になりました。

葬式の日、父は、兄の大事にしてたものを棺おけにいれようとしたのを覚えてます。
お気に入りの服。グローブ。セイントクロス。そして、ドラクエ3。
でも、私は、ドラクエ3をいれないでって、もらいました。
だって、兄から、レベ上げを頼まれてたから。

私は、くる日もくる日も時間を見つけては、砂漠でレベ上げをしてました。
ドラクエ3の中には、兄が生きてたからです。
そして、なんとなく、強くなったら、ひょっこり兄が戻ってくると思ってたかもしれません。
兄は、とっても強くなりました。とっても強い魔法で、全部倒してしまうのです。
それから、しばらくして、ドラクエ3の冒険の書が消えてしまいました。
その時、初めて私は、泣きました。 ずっとずっと、母の近くで泣きました。
お兄ちゃんが死んじゃった。やっと、実感できました。

今では、前へ進むきっかけをくれた、冒険の書が消えたことを、感謝しています。



【関連エントリー】
- 彼女がこのコンビニに来る様になったのは…。
- 窓の外を眺めて浸っていたら「結婚しないか」と言われた。
- 飼ってたネコが死んだ
- 嫁の妹(18)の部屋と布団
- 入院して二ヶ月 直らない もうだめだ




【最新注目記事】

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 10:00|感動する話コメント:1
付き合って3年の彼女に唐突に振られた。

「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」
就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣に考えてたっつーのに、目の前が真っ暗になった。
俺は本当に彼女が好きだったし、勿論浮気もしたことないし、そりゃ俺は
格別イイ男って訳じゃなかったけど、彼女の事は本当に大事にしてたつもりだった。
なのに、すっげーあっさりスッパリやられた。

どーにもこーにも収まりつかなくて、電話するも着信拒否、家行っても
いつも留守、バイト先も辞めてた。
徹底的に避けられた。もーショックですげー荒れた。仕事に打ち込みまくった。

それから半年、お陰で同期の中でダントツの出世頭になってた。
彼女の事も、少しずつ忘れ始めてた、そんなある日。
携帯に知らない番号から電話がかかってきた。
最初は悪戯とかだと思って無視ってたんだけど、何回もかかってくる。
仕方ないから出た。

別れた彼女の妹を名乗る女からだった。その女が俺に言った。
「お姉ちゃんに会いに来てくれませんか?」

・・・彼女は白血病にかかっていて、入院していた。
ドナーがやっと見つかったものの、状態は非常に悪く、手術をしても
助かる確率は五分五分だという。
入院したのは俺と別れた直後だった。
▽続きを読む▽




【最新注目記事】

30歳を目前に初めて風俗行ったんだけどこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 08:00|下ネタコメント:0
402 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/02/15 12:59 ID:b8eu3BFS
先日30歳を目前に初めて風俗行ったんだけど
部屋に入って緊張してる俺に向かって付いた娘から
「お客さんっボークビッツみたいでかわいいですね」って言われちゃった・・・
この歳になってかわいいだなんて、しかも年下から言われて正直テレたよw
ところで「ポークビッツ」って何かのアニメキャラかな?

404 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:04/02/15 13:05 ID:gd6fLtUI
>>402
なんか本当にかわいそうになってきたよ・・・
スーパーマーケットに行って「ポークビッツ下さい」と言ってみなさい。
鬱で立ち直れなくなることでしょう。

406 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/02/15 13:26 ID:eMBGn1tY
>>402
非常に小さいウィンナーの商品名>ポークピッツ

408 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/02/15 13:38 ID:ivP/vPYA
>>402
なんつーか…涙が止まらない。
強く生きてくれ。

409 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/02/15 13:39 ID:gwwENsGW
402は生きてるだろうか・・・



【関連エントリー】
- 下校途中に変態に捕まって
- 嫁の妹(18)の部屋と布団
- 玄関出たら結構可愛い女の子がいて
- スカッとする武勇伝
- 履き古したパンストがちょうどいいんだ




【最新注目記事】

遠方から学術研究の為に日本に来たメキシコ人このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 06:00|感動する話コメント:0
1800年代後半、日本とメキシコの間に国交さえなかった頃。
金星の接近を観測するため日本にやってきたメキシコの観測団は、
日本に観測所を建てる、どころか、どこで観測して良いかも判らないといった状態でした。
とはいえ、わざわざ遠方から学術研究の為に日本に来たメキシコ人。
その使命感に敬意を感じた日本政府は、当時外国人の居住さえ認められていなかった横浜に観測所を建てることを許可しました。
特例中の特例の扱いに、メキシコの観測隊も感動。
代わりに、日本人実習生をこの観測に受け入れることを申し出ました。
スペイン語どころか、英語すらろくに話せない日本人実習生を、です。
日本もこれにはいたく感動し、快諾。日本人実習生4人が、先進の天文学に触れることになりました。

その後、観測隊の一員であったフランシスコ・ディアスは「日本旅行記」という本を書きました。
「日本国民よ、日本を訪れる外国人との交流が日本の将来に影響ありとするなら、
 今後の祖国繁栄を願って、外国人の意見を大いに摂取するがよい。
 われわれも絶大な協力を提供しよう。
 われわれは日本民族が幸福になる価値が十分にあると信じている。
 日本人は品位があり、紳士的で勤勉で、勇敢にしてかつ法に恭順な民族だからである。
 私の祖国が将来日本と友好関係を結ぶことを、そしてまた将来日本と同じ位多くの友を得ることを祈念している」

そして、1888年。
欧米列強との不平等条約に頭を悩ませていた日本と、
東洋と国交を開きたいメキシコとの間で「日墨修好通商条約」が結ばれました。
完全な平等条約、アジアを除けば日本にとって初めての平等条約です。
メキシコは、かつての観測における友好を忘れておらず、
数ある東洋の国から、対等なパートナーとして、
まったくの後進国であった日本を選んでくれたのです。

メキシコの駐日大使館は、現在も当時と変わらず東京のど真ん中、永田町にあります。
こんな一等地に、一戸建てのキレイな大使館を構えているのはメキシコだけ。
平等条約締結のお礼として、明治政府がこの土地を提供したからです。



【関連エントリー】
- お前がいじめられてたら助けてやる
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- お母さんが仕事先で倒れたの
- さて、合格を掴むために勉強に励むか。
- 「おやじ、今日俺退職するんだ。」




【最新注目記事】

自殺を図って失敗このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 04:00|感動する話コメント:0
恥ずかしながら、自殺を図って失敗。
病院を退院する時、

「悩みから解放されて眠っているあなたは、とても綺麗であのまま眠らせておいてあげたかったけど
僕は医者だからね」

とお爺ちゃん先生だったけど、綺麗なんて言われた事がないので嬉しかった。

その後、私を真っ直ぐに見て

「生きなさい」と言ってくれた。

もう何年も前のことだけど、辛くなったら思い出す。



【関連エントリー】
- 入院して二ヶ月 直らない もうだめだ
- ロケをしていた江頭にサインを頼んだら…。
- お前がいじめられてたら助けてやる
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- お母さんが仕事先で倒れたの




【最新注目記事】

嫌われてる奴の特徴このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 02:00|泣ける話コメント:0
嫌われてる奴の特徴

大抵、表面的にはいい人を気取っている割に、実は、面倒なことやリスクから逃げて、自分が必死になりたくないだけで、自分の限界や実力が露呈することを恐れて、自分を取り繕うことだけを考えている。

自分から女に話しかけたり誘いをかけるわけでもなく、待っているだけの態度で、同性にすら、自分が仏頂面をしていても優しく扱われることを一人で期待していて、グループ行動ができず、かといって一人でも、一匹狼ではなく群れからはぐれた羊。

自分から企画をしたり、決断をするわけでもなく、すべて人に任せるだけで、問題が起きれば、自分は関係ない顔をして逃げたり、迷惑そうないやな顔をするだけで、当然ながら仲間からの信頼がゼロに近く、そういう評判にも敏感な女からは敬遠される。

当事者として経験を積むことがなく、年齢の割には顔つきが非常に幼く、そのくせ、ろくな運動や食事をしていないのか、肌や体つきがかなり老けていて、そのアンバランスさが全体的にエイリアンっぽくて、童貞の匂いがプンプンしてくる。

会話の内容が、テレビやネットを通じた他人の話ばかりで、行動力のなさが窺え、知識自慢で相手を退屈させ、相手の話には必ず否定的な説教をして自分を偉く見せ、話を膨らませるより遮断させることが得意で、ネガティブなオーラが顔をますます暗くする。



【関連エントリー】
- 数学者と統計学者と会計士が
- 良い知らせと悪い知らせがあるのだが
- 医者「おいくつですか?」
- 飛行機に乗らなければいけない用事ができてしまった数学者
- お別れする前にあなたに言っておきたいこと




【最新注目記事】

彼女がこのコンビニに来る様になったのは…。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 00:00|泣ける話コメント:2
いつの頃からだろうか・・・
彼女がこのコンビニに来る様になったのは。
彼女は毎日同じ時間にやって来て、毎日同じ物を買って行く。
220円のサンドイッチと120円のフルーツジュース。
二つ合わせて、税込みで357円
無論、毎日同じ物を買って行く客は他にも沢山いる。
ただ、俺が彼女の事を覚えたのは、彼女がとても綺麗だったからだ。

   357エンニ ナリマス         
                   _    ハイ !
        _□    __//| ,,,,,,,
       ( 'A`)   // ̄|_ (‘ー‘ヾ
        (ヽ)ヽ/?ロ / ノ( )ゝ
        ) ) | ̄ ̄ ̄|/  | |

▽続きを読む▽




【最新注目記事】

家の事情でばあちゃんに預けられていたこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 23:00|感動する話コメント:0
オレは小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。
当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。
いつしかオレはノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。
それをばあちゃんに見せては
「ここでモンスターが出るんだよ」
「ここに止まったら三回休み~」
ばあちゃんはニコニコしながら、「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。
それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。
やがてオレにも友達が出き、そんなこともせず友達と遊びまくってたころ、家の事情も解消され、自分の家に戻った。ばあちゃんは別れる時もニコニコしていて、
「おとうさん、おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」と喜んでくれた。

先日、そのばあちゃんが死んだ。89歳の大往生だった。
遺品を整理していた母から、「あんたに」と一冊のノートをもらった。
開いてみると、そこにはばあちゃんが作ったすごろくが書かれてあった。
モンスターの絵らしき物が書かれていたり、何故かぬらりひょんとか
妖怪も混じっていたり。「ばあちゃん、よく作ったな」とちょっと苦笑していた。
最後のあがりのページを見た。「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に

「義弘(オレ)くんに友達がいっぱいできますように」

人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした。
ばあちゃん、死に目に会えなくてごめんよ。そしてありがとう。



【関連エントリー】
- ばぁちゃん、死に目に会えなくてゴメンネ
- その時まで実の両親だと思っていたのに…。
- 金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから
- 母の遺品を整理していたら、日記が出てきた
- 俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある




【最新注目記事】

飼ってたネコが死んだこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 22:00|泣ける話コメント:0
5年位前の話

飼ってたネコが死んだ。
超がつくほど溺愛してた。
自分よりネコの方が大切なくらい可愛がってた。
親はたまにネコを叱るけど、俺は叱ることも、もちろん叩いたことなんてなかった。

でも、一度だけ大きな声を出してしまったことがある。
それはドラマを見ている時で、ちょうど良い感じの盛り上がるところ
そこで、ネコがしつこく鳴いて外に出たがった。
だから俺はつい「うるさい!!!」って言ってさっさと外に出した。
その一度だけ。

翌日、学校から帰ってきたらネコが死んでた。
死ぬ前に言った言葉が「うるさい」だなんて泣きたくなった。
あの時、死ぬ姿をオレに見せたくなかったから外に出たがったのだろうか。
ネコに言った最初で最後の不満の言葉。
しばらくは立ち直れなかった。

でもある日、夢にそのネコが出てきて、俺の足に体をすり寄せてきた。
まるで、怒ってないよと言ってくれてるように。
夢から覚めて思った。
「あぁ、この夢は俺の願望なんだろう」と
俺は、それでも涙が止まらなかった。



【関連エントリー】
- 猫2匹が相談してる声が聞こえてきちゃった
- 「モシモシ? シャチョサン??ニーナデース 電話デテネ」
- ジャングルに人食い人種の親子がいた
- 金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから
- 次の日見に行くと死体は消えていた




【最新注目記事】

金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうからこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 19:00|泣ける話コメント:3
大学が決まり一人暮らしの前日の日
親父が時計をくれた。
金ピカの趣味の悪そうな時計だった。
「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」
そういってた。
二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。途方にくれていた時。
ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。
紛れもない偽者であることが判明した。
すぐに親父電話した。

俺「おい!偽者子供につかませんなよ!」
親父「なっあてになんねーだろ人のゆうことなんざ。困った時にこそ裏切られるんだよ最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。」
親父「でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」
俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」
親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。金がない理由は親にいえない事が多いわな!」
親父「がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」

正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。
今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。
そんな親父も去年の夏、ガンで死んだ。
往年の面影も消え、ガリガリになった親父がまた時計をくれた。
まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。必死で笑顔を作りながらいった。
親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」
オメガのシーマスターだった。くしくもその日は俺の誕生日だった。

俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れないよ。」
二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・・
親父が死んだ今も、金ピカの時計はまだ時を刻んでいる。



【関連エントリー】
- 俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある
- ばぁちゃん、死に目に会えなくてゴメンネ
- 【実話】地裁が泣いた -認知症母殺害事件初公判-
- 次の日見に行くと死体は消えていた
- 「おやじ、今日俺退職するんだ。」




【最新注目記事】

会話のテンポが少し遅いA君がいたこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 17:00|感動する話コメント:1
小学生のとき、少し足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅いA君がいた。
でも、絵が上手な子だった。
彼は、よく空の絵を描いた。
抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。
冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
私はN先生が大嫌いだった。

クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、全校集会で先生のお別れ会をやることになった。
生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、と言い出したお馬鹿さんがいた。
お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。

私は、A君の言葉を忘れない。

「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」

A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。
水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。
N先生がぶるぶる震えながら、嗚咽をくいしばる声が、体育館に響いただけでした。

昨日、デパートのポストカードなどに美しい水彩画と、A君のサインを発見いたしました。

N先生は今、僻地で小学校で校長先生をしております。
先生は教員が少なく、子供達が家から2時間ほどかけて登校しなければならないような過疎地へ自ら望んで赴任されました。

N先生のお家には、毎年夏にA君から絵が届くそうです。
A君はその後公立中高を経て、美大に進学しました。
お別れ会でのN先生の挨拶が思い浮かびます。

「A君の絵は、ユトリロの絵に似ているんですよ。
 みんなはもしかしたら、 見たこと無いかもしれない。
 ユトリロっていう、フランスの人でね、街や 風景をたくさん描いた人なんだけど。
 空が、綺麗なんだよ。
 A君は、その才能の代わりに、他の持ち物がみんなと比べて少ない。
 だけど、決して取り戻せない物ではないのです。
 そして、A君は それを一生懸命自分のものにしようしています。
 これは、簡単なことじゃありません!」

A君は、空を描いた絵を送るそうです。
その空はN先生が作り方を教えた、
美しいエメラルドグリーンだそうです。



【関連エントリー】
- お前がいじめられてたら助けてやる
- 【実話】地裁が泣いた -認知症母殺害事件初公判-
- 次の日見に行くと死体は消えていた
- 通り魔か
- スカッとする武勇伝





【最新注目記事】

母の遺品を整理していたら、日記が出てきたこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 15:00|泣ける話コメント:4
私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない質素で見映えの悪い物ばかりだった。
友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
私は生返事でそのまま高校へ行き、こっそり中身を確認した。
すると確に海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし
彩りも悪いし、とても食べられなかった。
家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。
それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
中を見ると弁当のことばかり書いていた。
「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。



【関連エントリー】
- 【実話】地裁が泣いた -認知症母殺害事件初公判-
- 次の日見に行くと死体は消えていた
- 親子連れが大声でしりとりし始めたんです
- 彼女がこのコンビニに来る様になったのは…。
- ある男が誰を結婚相手にするか考えていた




【最新注目記事】

せっかく生まれてきたからこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 13:00|感動する話コメント:0
ボランティアに言った病院で難病の子供が言った言葉です。

「○○くんはいつも教科書や本を読んで勉強しているね?
 大きくなったら何になるの?」
「僕は大人にはなれないんだ。僕の病気は治らないから。」

言葉継げずにいると、

「でも勉強がしたい。せっかく生まれてきたから、いっぱいいろんなことを知りたい。」

わずか、11歳の子でした。

私はこの言葉を思い出すと、今でも自らの浅学が恥ずかしくてたまりません。



【関連エントリー】
- 親子連れが大声でしりとりし始めたんです
- 彼女がこのコンビニに来る様になったのは…。
- ある男が誰を結婚相手にするか考えていた
- 辞書忘れたから女子のを共同で使わせてもらった
- 窓の外を眺めて浸っていたら「結婚しないか」と言われた。




【最新注目記事】

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚あるこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 11:00|泣ける話コメント:0
俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。
見た目普通の写真なんだけど、実はその時父が難病(失念)を宣告されていて
それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と・・・と撮った写真らしかった。
俺と妹はまだそれを理解できずに無邪気に笑って写っているんだが、
母と祖父、祖母は心なしか固いというか思い詰めた表情で写っている。
当の父はというと、どっしりと腹をくくったと言う感じで、とても穏やかな表情だった。

母がその写真を病床の父に持って行ったんだが、その写真を見せられた父は
特に興味も示さない様子で「その辺に置いといてくれ、気が向いたら見るから」と
ぶっきらぼうだったらしい。母も、それが父にとって最後の写真と言う事で、見たがらないものをあまり無理強いするのもよくないと思って、そのままベッドのそばに適当にしまっておいた。

しばらくして父が逝き、病院から荷物を引き揚げる時に改めて見つけたその写真は、まるで大昔からあったようなボロボロさで、家族が写っている部分には父の指紋がびっしり付いていた。

普段もとても物静かで、宣告された時も見た目普段と変わらずに平常だった父だが、人目のない時、病床でこの写真をどういう気持ちで見ていたんだろうか。

今、お盆になると、その写真を見ながら父の思い出話に華が咲く。
祖父、祖母、母、妹、俺・・・。


その写真の裏側には、もう文字もあまり書けない状態で一生懸命書いたのだろう、
崩れた文字ながら、「本当にありがとう」とサインペンで書いてあった。



【関連エントリー】
- その時まで実の両親だと思っていたのに…。
- 金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから
- 母の遺品を整理していたら、日記が出てきた
- 医者「おいくつですか?」
- 「おやじ、今日俺退職するんだ。」




【最新注目記事】

入院して二ヶ月 直らない もうだめだこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 08:00|感動する話コメント:0
割と大きな病院に通院していました。
ある日、男子トイレの洋式の方に入り座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。

『 入院して二ヶ月 直らない もうだめだ 』

そして二週間後(その落書きの事はすっかり忘れていたのですが)、またそのトイレに入りました。

…ドア裏は落書きでいっぱいいっぱいになっていました。
『頑張れ』『ガンガレ』『必ず良くなるぜい!』等々。

しかもその後、トイレはペンキ塗り直しされたのですが、そのドアだけはそのままだった事がなんか嬉しかったなぁ。



【関連エントリー】
- 医者「おいくつですか?」
- 親子連れが大声でしりとりし始めたんです
- 彼女がこのコンビニに来る様になったのは…。
- 辞書忘れたから女子のを共同で使わせてもらった
- 飼ってたネコが死んだ




【最新注目記事】

猫2匹が相談してる声が聞こえてきちゃったこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 06:00|ほのぼのコメント:0
仕事で手ひどい裏切りに遭って酔っぱらって泣き寝入りして、うとうと目が覚めかけたとき、飼ってる
猫2匹が「私が死んだらどうするか」について相談してる声が聞こえてきちゃったのよ。
「お水がもらえないと困る」
「うん、お水はね~」
「ごはんはお皿にあるからいいけどさ」
「あるもんね」
……確かに寝る前に皿にカリカリを山盛り入れたけどさ、おまいら、それ食べたらなくなるってわかってる?

「おまいらさ~」
と起き上がって文句を言おうとしたら、2匹とも慌てて毛づくろいを始めたのには笑った。
猫には「今日」しかないって、ホントなんだなって思ったら、落ち込んでるのがバカバカしくなって、開き直って仕事して今に至る。



【関連エントリー】
- 飼ってたネコが死んだ
- 親子連れが大声でしりとりし始めたんです
- 彼女がこのコンビニに来る様になったのは…。
- 辞書忘れたから女子のを共同で使わせてもらった
- 窓の外を眺めて浸っていたら「結婚しないか」と言われた。




【最新注目記事】

ばぁちゃん、死に目に会えなくてゴメンネこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 04:00|泣ける話コメント:0
ばあちゃん……
俺がうまいって言ったら、ずーっとそればっか作ってくれたな……
子供の俺には嬉しかったよ、ばあちゃん

死に目に会えなくてゴメンネ、子供だった俺は深夜1時過ぎまで起きてられなかったんだ
それに「倒れた」って聞いても、すぐに起きるもんだと思ってんだよ
最後に俺の名前呼んでくれたそうだね、その時のばあちゃんの気持ち考えると切なくなる

ばあちゃんが亡くなってから10数年、二十歳を過ぎた頃になって
父さんからばあちゃんの話を聞いた時ショックだった
ばあちゃんはじいちゃんの後妻で、父さんとは血が繋がってない
つまり俺とばあちゃんは、言ってしまえば赤の他人

それを聞いたとき「最後に俺の名前を呼んでくれたこと」を思い出し
ばあちゃんが死んだ時より泣いた

血の繋がりとか戸籍上とか関係無く、ばあちゃんは俺のばあちゃんだった



【関連エントリー】
- 【実話】地裁が泣いた -認知症母殺害事件初公判-
- 次の日見に行くと死体は消えていた
- お前がいじめられてたら助けてやる
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- 猫2匹が相談してる声が聞こえてきちゃった




【最新注目記事】

【実話】地裁が泣いた -認知症母殺害事件初公判- このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 02:00|泣ける話コメント:12
実話です。管理人はこの動画で涙が出ました…。




京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、06年1月31日に心中を決意した。

「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
「すまんな」と謝ると、母は
「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
自分も包丁で首を切って自殺を図った。
冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。



【関連エントリー】
- お前がいじめられてたら助けてやる
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- その時まで実の両親だと思っていたのに…。
- 金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから
- 母の遺品を整理していたら、日記が出てきた
- 俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある
- ばぁちゃん、死に目に会えなくてゴメンネ





【最新注目記事】

この子一人で良いからどうかこの子を助けてください。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/30 01:00|感動する話コメント:0
240 名無しの心子知らず New! 04/12/27 21:08:16 ID:+9huk2d5
うちの娘も一人っ子。
いろんな人から「一人っ子は可愛そうよ,もっと生めば?」とはいわれる。
でも娘が3歳のとき、よかれと思って受けさせたおたふく風邪の予防接種の
副作用で髄膜炎にさせてしまった時、41度の高熱に苦しむ娘をみながら,神に祈った。
「私の生涯、子供はこの子一人で良いからどうかこの子を助けてください」と。

ちょっと育児失敗したかなあ。他の子供はもうこういうことができるのに。とか思い通りに育たない娘をみて、次の子が生まれたらこうやって育てようなど考えてた直後の発病だった。
罰があたって、この子を失うかもしれないという不安でいっぱいで
「とにかく命だけは助けて」と祈る毎日だった。
無事熱も下がり、恐れていた後遺症もなく元気で退院してからはしばらく夜抱いて寝ていたものだ。思った通りに育たなくても、他の子ができることができなくても大切な可愛い我が子。
あの時祈った言葉に嘘はない。
今目の前にいる娘がすくすく育ってくれるのが一番幸せ。
神様との約束がずっと守られているから一人っ子のままなのだと思っている。

この話をするとたいていの人は黙る。



【関連エントリー】
- ばぁちゃん、死に目に会えなくてゴメンネ
- その時まで実の両親だと思っていたのに…。
- 金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから
- 母の遺品を整理していたら、日記が出てきた
- 俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある




【最新注目記事】

ロケをしていた江頭にサインを頼んだら…。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/29 23:00|感動する話コメント:0
396 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2005/12/31(土) 14:18:15 ID:DtEkPEzY0
テレビのロケをしていた江頭にサインを頼んだら
マジックがおかしかったらしくきれいに書けなくて、
そうこうしていたら江頭の出番が来て呼び戻されてロケに戻って行ったんだけど、
もらった人はそれでもすごく嬉しくて興奮していたらしい。
そして、ロケが終わった後、プロデューサーが来て一枚の色紙をくれて、
そこにはめちゃイケのレギュラー全員のサインが書かれていたそうだ。
江頭が頼んでみんなにもらったらしいのだが、
色紙には江頭のサインはなく、
その理由は「自分がすると価値がさがるから」らしい。
そんなことないのにね



【関連エントリー】
- さて、合格を掴むために勉強に励むか。
- 「おやじ、今日俺退職するんだ。」
- ブックオフで100円の文庫本買おうとしたら
- 障害者の人を馬鹿にするな!!
- 猫2匹が相談してる声が聞こえてきちゃった




【最新注目記事】

お前がいじめられてたら助けてやるこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/29 22:00|感動する話コメント:9
992 名前: 名も無き冒険者 [sage] 投稿日:2006/11/26(日) 17:08:21 ID:4O9dC8/n
1000なら明日は学校でいじめられない。


993 名前: 名も無き冒険者 [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 17:16:47 ID:z2XJcdtU
1000じゃなくてもお前がいじめられてたら助けてやる。



【関連エントリー】
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- お母さんが仕事先で倒れたの
- さて、合格を掴むために勉強に励むか。
- 母の遺品を整理していたら、日記が出てきた
- 俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある




【最新注目記事】

その時まで実の両親だと思っていたのに…。このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/29 21:00|泣ける話コメント:0
小学校6年くらいの時の事
親友と、先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が「アッ」と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった。
その時まで実の両親だと思っていたので心底衝撃を受けた。

帰り道、どんな顔で家に帰っていいか分からず、公園のブランコに座って立てなくなった私に、親友はずっと付き添っていてくれ、「よし、じゃあ私と姉妹の盃を交そう」とか言って、カバンからメロンのアイスの容器(メロンの形のやつ)を出して、水道の水をくんで飲んだ。
一体何のテレビを見たのか、「盃の契りは血のつながりより強いんだよっ」なんてメロンのカップ片手に言う親友がおかしくて、思わず泣きながら笑いあった。

十数年たって私が結婚する事になり、結婚直前に二人で酒でも飲む事にした。
『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って、あの時もらったメロンのカップをカバンにこっそり忍ばせて飲んでたら、突然親友がポロポロ泣き出して「あの時、あの時、気付かせてしまってごめんね」と。
『養女』の文字を隠さなかった事をずっとずっと悔やんでいたと泣いた。
そんな事、反抗期に親に反発しそうな時も、進学の学費面で親に言えなくて悩んだ時も、机の上でメロンのカップが見守っていてくれたから、あなたがいてくれたからやってこれたんだと伝えたかったのに、ダーダー涙流しながらダミ声でドラえもんのように「ごれ゛ぇ~」とメロンのカップを出すしかできなかった。
親友もダーダー涙流しながら「あ゛~ぞれ゛ぇ!」と言って、お互い笑って泣いて、酒を酌んだ。
もちろんメロンのカップで。
もうすぐ親友の結婚式があるので思い出した。



【関連エントリー】
- 母の遺品を整理していたら、日記が出てきた
- 俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある
- 彼女がこのコンビニに来る様になったのは…。
- ある男が誰を結婚相手にするか考えていた
- 窓の外を眺めて浸っていたら「結婚しないか」と言われた。




【最新注目記事】

【社会】インターネット利用率ついに100%にこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/29 20:00|ジョークコメント:0
【社会】インターネット利用率ついに100%に-総務省の実態調査で判明

先月27日に実施された、インターネット利用に関するアンケートで利用率が100%となっていたことが明らかになった。
総務大臣は「これは政府主導によるIT政策の効果の現れと言っていいだろう」
とのコメントを発表した。

調査したのは、総務省統計局統計センターなど。今年三月にインターネット上でアンケートを実施し、約十三万三千人から回答を得た。



【関連エントリー】
- 死にそうな青年の前に妖精が現れる
- 近所のコンビニに可愛い子がいたんです
- ジャングルに人食い人種の親子がいた
- ブックオフで100円の文庫本買おうとしたら
- この人、痴漢ですっ!!!




【最新注目記事】
H e a d L i n e

 

検索フォーム


週間アクセスランキング

リンク

アンテナサイト


ニュースサイト
お勧め相互リンク
動画サイト
イラストサイト

DVD ゲーム

あわせて読みたい

おすすめ出会い

 |  笑える話 | 泣ける話 | 感動する話 | 怖い話 | 恋愛・結婚 | 下ネタ | アホな話 | ほのぼの | ジョーク | 画像&動画 | スレまとめ | 月間お勧め記事 | お知らせ | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. 2ちゃんねる コピペ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo

ページランク にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。