FC2ブログ

2ちゃんねる(2ch)で見つけた面白い話、笑える話、感動する話、泣ける話、怖い話や面白動画や面白画像などを紹介していきます

2ちゃんねるコピペ 最新記事
携帯で2ちゃんねるコピペを見る

厳選おすすめサイト

インフォメーション

TOP絵大募集
TOP絵クリックでランダム表示

2ikkei.net
TOP絵を2ikkei.net様より提供して頂きました!

ドラクエそーりょ
TOP絵をドラクエそーりょのしいたけ様に描いて頂きました!

ICBM-LABO
当サイトのTOP絵をICBM-LABOのICBM様に描いて頂きました!


管理人の一言

祝300万アクセス達成!!
3月からまた更新します!




記事紹介感謝

News人 様
情報屋さん。 様
TBN 様
はぅわ! 様
日本視覚文化研究会 様
ニューディスカバリー 様
ニュー得ブログ 様

カテゴリ

お勧め写真集



月別アーカイブ

売れ筋

QRコード

QR

テスト中


忍者カウンターに移行するかも。






フィードメーター - 2ちゃんねる コピペ

H e a d L i n e

 



スポンサーサイトこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





【最新注目記事】

ありがとう はんきゅうでんしゃこのエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

2008/10/31 18:00|感動する話コメント:0
134 :M7.74 :04/11/11 23:57:14 ID:xtl17gRB
阪神・淡路大地震のあと、阪急電車の復旧を沿線の人々は待ち望んでいた。
うちもその一軒。
夜を徹して行われる作業、騒音や振動をこらえてくださいと、電鉄会社の人が頭を下げに来た。
「何を言ってるんだ?我慢するに決まってるじゃないか。それよりも一刻も早い復旧を。」
うちも含めて、沿線の人々はみなそう言って、電鉄会社の人を励ました。

阪急は国の補助も受けず、少しづつ復旧・部分開業していった。
そして最後に残された西宮北口~夙川間の高架部分の再開によって、ついに神戸本線は全通した。
再開の日に、もちろん漏れも乗りに行った。神戸で逝った友のもとへ行くために。
運転台の後ろは人だかりだった。みな静かに鉄道の再開の喜びをかみ締めているようすだった。

夙川を渡るそのとき、川の土手に近所の幼稚園の園児たちが立ち並んでいるのが目に飛び込んできた。
手書きの横断幕を持って・・・。

    「あ り が と う  は ん き ゅ う で ん し ゃ」

運転手が普段ならしないはずのそこで敬礼をした。
そして大きく「出発進行!」と声を上げた。
その声は涙声になっていた。漏れも泣けた。

ときよ、上越新幹線よ、もまいを待っている人々がいる。
復興のために、そして人と人をつなぐために、よみがえれ、不死鳥のごとく。



【関連エントリー】
- 集団に向かって一人の女子高生の少女が…。
- 会話のテンポが少し遅いA君がいた
- お前がいじめられてたら助けてやる
- お母さんが仕事先で倒れたの
- ロケをしていた江頭にサインを頼んだら…。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!





【最新注目記事】
コメント
コメントの投稿
未記入で「名無しのコピペさん」になります
管理者にだけ表示を許可する

H e a d L i n e

 

検索フォーム


週間アクセスランキング

リンク

アンテナサイト


ニュースサイト
お勧め相互リンク
動画サイト
イラストサイト

DVD ゲーム

あわせて読みたい

おすすめ出会い

 |  笑える話 | 泣ける話 | 感動する話 | 怖い話 | 恋愛・結婚 | 下ネタ | アホな話 | ほのぼの | ジョーク | 画像&動画 | スレまとめ | 月間お勧め記事 | お知らせ | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. 2ちゃんねる コピペ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo

ページランク にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。